Contact

ニキビケアを怠るな!教訓から学ぶニキビケアのこと。

消したいニキビ跡

今年になってから以前よりも仕事が落ち着かない感じでしたけど、肌荒れの実感はゼロでした(苦笑)。
というか、私の場合いわゆる思春期から、肌が健康だったのかニキビで苦しくむことは記憶にありません。
前髪が長くて下ろしているとニキビが悪化するかも!と怒ってた、ニキビを配慮する友だちみんな言うことに確かよそごとで聞いているフリをしていた思い出が・・・。
それがアラサーのいま、左の頬に憎いニキビお出まし〜〜〜〜(苦笑)。
これまで吹き出物に悩む事がなかったですから、これが初体験という感じで・・・、どう治すべきなのかまったく分からないという。。
ニキビケア系の肌ケア用品も使ったことないし、治療法も知らない。ニキビ跡と聞いてもピンとこない。
たくさん触ったらダメと言いつつ、どうしても気になってダメ。
当然ながら、日々化粧をしますから、基礎化粧をしたとしても下地やファンデーションが肌にとって悪いって思っているけど、メイクするしかなく、今思うとお肌をつついていたのかもしれません。
それでも毎日化粧をするのは仕方のないことですけどね。ニキビが怖くて化粧しないなんて逆に怖くてできないですよ。

それで、友達に尋ねまくった結果、清潔にし続けることとと、きちんとアクネケアをすること。
ただこれが途轍もなく時間がかかりました。
かれこれ治ったって思えてきたのは、ニキビが出やがってきてから二か月くらい。
ほぼ毎日お風呂後ベッドに入る前にはニキビ用のクリームを使用しました。
日中だと来客の無い時は、社内ですがお薬つけていました。
詳しい友だちからは、「本気で怖いのはニキビ跡なんだよ!」なんて散々聞いたので、心底祈るニキビ跡ができないようにと!思いはむなしくニキビ出没からかれこれ5ヶ月、本当にニキビ跡ができました。
いまもニキビができたところが、際立って茶色く残ってるんです。
「意外と日数かかるから、まだまだかけて消えるものよ」というわずかな希望を耳にしましたので、その後もひたすら塗り薬は塗ってたのに、5ヶ月ですし。
わずかな望みを「今はニキビが消えるためにがんばっている」なんかじゃなく、完璧なニキビ跡ということを分かってます。
この存在感のあるニキビ跡と人生ずっと付き合うのか?と思うと、ニキビ誕生のときのスキンケアを悔やむばかりです。
全然ダメだった自分自身が弱々しいです。
皮膚科に行って消す方法を聞くとか今になって考えていますが、コストも抑えて元気な昔の肌にぜひ戻してとくる日もくる日も浮かんできます。
ニキビ跡本当に消したいよ〜泣泣泣泣!