社会人の勉強会

学校の勉強は嫌いだったのに

英語には興味があった私


今の小学生は、学校の授業で英語の時間があるそうですね。 知り合いに小学生がいない為詳しくはわからないですがとても羨ましいです。 私の時代には英語の教科なんてありませんでした。
私は学校の勉強は難しくて大嫌いだったのですが、何故か英語だけは関心がありました。 それは好きなアーティストの曲とかに、英語のタイトルや歌詞が沢山出てきたからかも知れません。 よく歌詞の意味を辞書で引いたりして調べていました。
なので辞書を引かなくても英語がわかるようになればいいのになと思ったからです。 私は親に頼んで、英会話教室に通わせて貰うことにしました。 小学6年生の時です。親はとても驚いていましたね。
だって学校の勉強が嫌いな私が「英語を習いたい」と言い出したのですから。 以前私は、ピアノを途中でやめてしまったことがあったので「どうせ続かない」と最初は反対していましたが、 私があまりにも習いたいと言うので習わせてくれたのです。
幼児英語の英語de子育て

英会話教室と言っても、そこは山の中の家で生徒が集まりにくく、なんと私1人しかいませんでした。 マンツーマンで家庭教師のように先生に親身になってよく英語を教えて貰いました。 最初は簡単な、カードを使った単語から覚えて行きました。
元々英語には興味があったので、知ってる物も沢山ありましたが、知らない物も沢山ありとても勉強になりました。 その時に勉強したことは今でも覚えています。 簡単な日常会話なども勉強しました。私は先生に発音がいいと凄く褒められましたよ。 自分でも発音には自信があります。
私はライティングの勉強はちょっと苦手でしたが、発音など会話をする勉強は凄く好きでした。 自宅ではカセットテープを聞いたりして、何度も繰り返し声に出して勉強しました。 やっぱり声に出すことで、耳からも入るので凄く記憶しやすくなるんですよ。
この英会話教室に通っていたのは、先生の都合で2年間だけだったのですが、この短い期間の中で私は多くのことを学ぶことが出来たと思っています。 実際の外国人の方と電話で話す機会もあったし、街中で色々見かける英語の文字も沢山読めるようになりました。
何と言っても中学校の英語の授業が大分楽になりましたね。 今はすっかり英語も勉強しなくなってしまいましたが、また費用があれば英会話を勉強したいなと考えています。








リンク数