カジノツアー

上海旅行のオプションツアーでマカオのカジノツアーがあったので付けることにしました。
まず上海の夜景は本当に綺麗でした。水辺の夜景って水面に反射して光るので迫力が増します。 日本のみなとみらいのような雰囲気が漂っていてカップルが多かったです。 夜は中華料理を楽しみました。山東料理や四川料理などありますがやっぱり上海料理が一番です。
でも山東料理の北京料理も外せないですよね。北京ダックに春巻大好きです。 そして翌日はお楽しみのカジノツアー。他のツアー参加者はディズニーランドに行くみたいで半々って感じでした。
マカオのカジノは意外と?閑散としていました。ちょうど 閑散期だったんでしょうか。 色々カジノゲームが遊び放題なのはよかったんですが対戦相手が身内になってしまい物足りませんでした。
次はラスベガスとか韓国とか人気のカジノに行ってみたいですね。 それまでパソコンでポーカーやブラックジャックなどカジノの腕を鍛えたいと思います。

麻雀ツアー

麻雀発祥の地はお隣中国です。4人で麻雀卓を囲みながらプレーするいわゆるテーブルゲームです。実は起源には様々な諸説があり、中には孔子様が麻雀を発明したという説もあります。孔子様の信者の私には嬉しいお話ですがこの説は嘘の可能性が高いとされています。 最も有名な説はカードゲームが元となっているといった清の時代の説になります。
こちらの説の方が一般的に信じられていますね。気になる方は是非調べてみてください 日本で麻雀が流行ったのには意外な人物との関わりがあります。それはあの夏目漱石です。
ちょうど「それから」を執筆しだした時でしょうか。大連で見聞し麻雀を行ったそうです。次第に麻雀にはまる人が増え雑誌が取り上げるようになり広がったそうです。
ただ最も流行したのは戦後からのようです。それまでは賭博OKでしたが悪いイメージが付いたため、20年前から麻雀に問わず賭博禁止へとなったようです。それまではよく大学生のお小遣い稼ぎだったようですよ。